【サンタクロースになった少年】あらすじと感想。ひたすらに心温まる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ファンタジー

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

  • 公開
    • 2007年
    • 日本…劇場未公開
  • 原題
    • Joulutarina(フィンランド語)』『Christmas Story
  • 時間
    • 82分
  • 監督
    • ヨハ・ウリオキ
  • 主要キャスト
    • ハヌ・ペッカ・ビョルクマン/ジョナス・リンネ/オットー・グスタフソン/カリ・バーナネン/ミッコ・コウキ/ラウラ・ビルン

※以下ではネタバレを含みますので、まだご覧になっていない方はご注意ください!

予告動画

 

クリスマスイブの夜トナカイにソリを引かせながら子どもたちにプレゼントを配る謎のおじいさん、それがサンタクロース。

 

「サンタさんって何者なの?」

「サンタさんはどうしてプレゼントを配るの?」

「サンタさんはどうして赤い服を着ているの?」

 

純粋な子どもたちは不思議な魅力のあるその存在に興味が尽きることはありません。

そんな彼のルーツを独自に描いたサンタクロースのふるさとフィンランドから贈る、心温まる映画『サンタクロースになった少年』です。

 

スポンサーリンク

映画【サンタクロースになった少年】の簡単なあらすじ

クリスマスイブの夜に高熱を出した妹のアーダを医者に診てもらうため、両親は彼女を連れて家を出ていくが近道である氷の上を歩いていた際に不運なことに氷が割れてしまい3人とも帰らぬ人となってしまう。

わずか7歳で独り身になってしまったニコラス、彼を1人のままにすることはできないため村の人々は話し合いの末に村全体で彼を育てることにして6つの家族がクリスマスから数えて1年ごとにニコラスを預かることになった。

1年という期間はあっという間に経ち、次なる家に移る時にはお世話になった家の子どもに自分の手で作った木彫りのおもちゃを気付かれぬようそっと家の前に置くのがニコラスの習慣となっていた。

 

原作はマルコ・レイノ著『クリスマス・ストーリー』

この映画には原作があります、それはマルコ・レイノという人が書いた児童書『クリスマス・ストーリー』というもの。日本では『クリスマス物語』として翻訳されています。


クリスマス物語

 

そしてスナフキンのような背の高い帽子を始めとした容姿も忠実に再現されています、なにより幼少期のニコラスを演じたジョナス・リンネ君がまぁ可愛らしいこと。

©2007 Joulutarina/Christmas Story/サンタクロースになった少年より引用

 

根っからの悪人は出てこない

ニコラスを受け入れてくれる家族はどれもいい人ばかり、まるで我が子のように接してくれます。

そんな優しさに触れて両親や妹を亡くした彼の悲しみや傷は秋を迎えるころには少しづつ癒えていき、初めこそ受け入れてくれた家族に背を向け部屋の隅で1人でご飯を食べていたニコラスもいつしか一緒に食卓を囲むようになるほど打ち解けます。

 

ただのツンデレだったイーサッキ

優しく温もりに溢れた村人たちの中で唯一悪い人間側のポジションにいるのが、元村人で現在は村から20kmほど離れた山里に住む主に家具を作る大工でのイーサッキ

彼が次のニコラスの引き取り手となりました、その理由はニコラスが作った木彫りの人形を目にしものづくりの才能に目を付けためです。

イーサッキは一度引き取り手がいないならいっそのことニコラスを家族の元に送ってやろうかと脅しをかけていたため、村人たちはあまりいい顔をしませんでした。

しかし他に受け入れ先がないため心配しながらも提案を受け入れ、餞別としてニコラスにソリを贈ります。

 

©2007 Joulutarina/Christmas Story/サンタクロースになった少年より引用

 

ニコラスのこの表情

 

今まで優しかった人たちとイーサッキは明らかに違うと直感的に分かっているため、これからの生活はどうなってしまうのかと不安を隠しきれないニコラスの不安が滲み出ています。

 

家に着いたイーサッキはニコラスに家を掃除させたり蹴りで起こしたり挙句の果てには父の形見でありおもちゃを作るのにも使ってしまっていた小型のナイフを壊したりと、傍若無人な振る舞いをします。

 

Kou
Kou

極悪人やん…

 

ですがこれには理由がありました。

イーサッキには妻と息子が2人いましたが妻に先立たれ子どもも船乗りとなって離れていったため、偏屈になってしまったのです。

子どもを見るといなくなった息子たちを思い出しつい意地悪をしてしまうのだと胸中を打ち明けます。

そしてそれと同時に1年近く一緒に過ごしたニコラスに心を開いたイーサッキは彼を本当の家族として受け入れ、壊してしまったニコラスのナイフを直してクリスマスプレゼントとして渡します

イーサッキはただのツンデレだったのです。

 

このシーンに僕は少しウルッとしました。

そして気付けば数十年、2人は一緒に生活を共にします。

 

ニコラスがサンタクロースになるまで

ニコラスが子どもの頃から続けているクリスマスイブの夜に子どもたちへプレゼントを渡す行事は、彼が中年期になっても続いていました。

ですが長い時の流れの中で村はすっかり大きくなり子どもの数も増えたため、いつも移動の際に世話になっていた馬1頭だけでは配達に限界を感じ、ニコラスは寒さに強く雪道でも沈まないトナカイを飼うことに。

 

早速訓練を開始するニコラスですが、全くいうことを聞かないトナカイたちに翻弄される様はほっこりして少しだけ笑えます

お手上げ状態のニコラスは売り主が赤い色の帽子を被るとよくいうことを聞くというあまり信憑性のない言葉を言っていたことを思い出し、恥を忍んで赤色の帽子にそれに合うコートやズボンを購入します。

 

そして家に戻り購入した服に袖を通すと、小太りと伸び切ったヒゲと相まってその様はまさにサンタクロース。この場面はどことなくヒーローの変身シーンを見ているかのような格好良さがあります。

©2007 Joulutarina/Christmas Story/サンタクロースになった少年より引用

こうしてニコラスは意気揚々とプレゼントを配る心優しいサンタクロースへと姿を変えるのです。

 

映画【サンタクロースになった少年】の感想を簡潔に

Kou
Kou

極寒のフィンランドの厳しい寒さにも負けない心温まる人々のお話、時間もそれほど長くないのでお子さんと一緒に観るのもオススメです!

映画【サンタクロースになった少年】を無料で視聴するには?

現在サンタクロースになった少年はいくつかの動画配信サービスで視聴することができますが、オススメなのはAmazonプライムビデオ。実際に僕もプライムビデオで視聴しました。

プライム会員になれば映画以外にもアニメやドラマなといった動画が見放題になるばかりだけでなく、音楽や本なども無料で楽しむことができます。

またAmazonで買い物をする人であれば配送料が無料になるといったメリットもあります。

 

それだけなく30日の無料体験もしているのでまずは1か月試してみて、必要なければ1ヶ月以内に解約すれば追加料金がかかることはありません。

Amazonプライム会員登録・無料体験はこちら♪ 

 

本ページの情報は2019年5月18日時点のものです。配信が停止されている場合もあるので、最新の配信状況はAmazonプライムビデオサイトにてご確認ください。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

 
サンタクロースになった少年 [DVD]

スポンサーリンク
ファンタジー
スポンサーリンク
Kouをフォローする
じゃきぶろ

コメント