【トランス・ワールド】あらすじと感想。掘り出し物なミステリー映画

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トランス・ワールドサスペンス・ホラー

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

  • 公開
    • 2011年
    • 日本…劇場未公開
  • 原題
    • ENTER NOWHERE
  • 時間
    • 89分
  • 監督
    • ジャック・ヘラー
  • 主要キャスト
    • スコット・イーストウッド/キャサリン・ウォーターストン/サラ・パクストン/ショーン・サイポス/クリストファー・デナム/ジェシー・J・ペレス/リー・レザーク

※以下ではネタバレを含みますので、まだご覧になっていない方はご注意ください!

予告動画

 

パッケージのほの暗いに雰囲気に惹かれて「ホラー系かな?」と思って観始めた本作品。

結果からいうとホラーではなくどちらかというとミステリー系の類なのですが、別な意味で鳥肌が立った映画でした。

最初から観たいと思って観た作品でなければそこまで期待はせず本作もそれは例外ではなかったのですが、良い意味で裏切られました。

なので今回は詳しいネタバレはあまりしない方向で行こうと思います。

 

森の中で遭難した生まれも育ちも違う3人の男女が、避難した山小屋で出会ったことから運命の歯車が動き出すミステリー映画『トランス・ワールド』です。

 

スポンサーリンク

映画【トランス・ワールド】の簡単なあらすじ

森の中で車がガス欠を起こしてしまい助けを呼びに行ったが一晩経っても一向に戻ってくる気配のない旦那を心配した妊婦のサマンサは夫を探しに行くが、その途中でとある山小屋に辿り着く。

寒さと飢えに耐えられなかった彼女が中に入ると無人だと思っていた小屋には先客がいた、その人物はサマンサと同じように車が故障して3日前から小屋で助けを待っていたトムという男性。

携帯は繋がらず小屋の中にあった無線機も壊れていて五里霧中な状況の中、互いの状況を話し合いひとまず助け合うことにした2人。

翌朝サマンサが目を覚ますと小屋の前で倒れているジョディという女性を発見する、彼女は彼氏と一緒に強盗を繰り返していたが些細なことがきっかけでケンカとなり森に捨てられたという。

初めは冷たい態度をとっていたジョディだったが少しずつ打ち解けていく3人、しかし他愛もない会話から事態は急展開を迎える…

 

低予算ながらも緻密に練られたストーリー

本作品は制作費がおよそ50万ドル(日本円で約5300万)ほどと、いわゆる低予算な映画です。

50万ドルがどれくらい低予算なのかいまいちピンと来なかったので現在公開中の人気映画『ワイルドスピード スーパーコンボ』の制作費を調べてみたところ、およそ2億ドルでその差は何と400倍。まさしく桁が違います。

しかし低予算=駄作というわけでは決してなく、想像もしていなかった結末に驚かされるほどのクオリティでした。

何でも金をかければいい映画になるってことではないと気付かされました。

 

トランス・ワールド

©2011 ENTER NOWHERE/トランス・ワールドより引用

登場人物は主に3人で左から順にサマンサトムジョディとなり、彼らは今まで1度も面識がなく避難した山小屋で初めて出会います。

それぞれが移動手段を失い何とか森からの脱出を図ろうとあらゆる方向に向かって歩いていくのですが、不思議なことに何故か山小屋に戻ってしまうのです。

そのことに少しずつ気付き始めるトムたちでしたが、異変はそれだけに留まりません。

トムたちが身に付けている服装や会話の節々から感じ取る微妙なズレ、そしてわずかな共通点から自分たちは本来の世界とは別な次元にいると気付かされるのです。

 

簡単にいえばタイムリープものの映画なのですが、それに気付かされるまでの伏線が90分というそれほど長くない時間の中で見事に張り巡らせていて真相を知った時は本当に鳥肌が立ってしまいました。

中々映画を観て鳥肌が立つ経験が無かったのであまり知られていない知名度の低い作品だからといって侮っていはいけませんね…

 

店員”時空のおっさん”説

皆さんは”時空のおっさん”という人物を知っていますでしょうか?

元々は2ちゃんねるのオカルト版が発祥である時空のおっさんは、不思議な世界に迷い込んでしまった人たちを元の世界に戻す不思議な力を持つ謎のおじさんです。

そんな時空のおっさんのような人物が『トランス・ワールド』にも登場するのです。

 

実際に彼に会うのは3人の内でジョディだけなのですが、この遭遇がきっかけで3人は見えない力によって引き合わせられたのかもしれません。

トランス・ワールド

©2011 ENTER NOWHERE/トランス・ワールドより引用

その問題のシーンは冒頭にジョディが彼氏と一緒に強盗を働く場面。

レジからお金を奪う彼氏を尻目にジョディは近くにあった”金庫”を見付けそれも開けるように拳銃で脅すのですが、店員は「気に入るものは入ってない」と恐れる様子もなく返事をします。

業を煮やしたジョディは遂に引き金を引くのですがここから急に場面がサマンサが遭難したところに飛びます、つまりはこの店員が時空のおっさんなのです。

 

結局最後まで金庫の中身が明らかになることはありませんが、ジョディがこの金庫を開けたことからこのループが始まったことが推察されます。

そしてラストにはまたこの時空のおっさんと思われる人物が登場し再度強盗に襲われるのですが、冒頭とはまた違った展開になっているのでそこは是非ともご自身の目で確かめてもらいたいです。

 

CGがショボい

全体的に面白かったのマイナスポイントはそこまでないのですが、であえて気になる点を挙げるとすればCGのショボさでしょう。

過去にも何本か低予算の映画を鑑賞してきましたがこぞってCGのクオリティが低いのです、もはやこれは低予算映画の宿命ともいえます。

本作も例にならってCGの出来がそれほどよくないのですが、そもそもCGを必要とする場面がそれほど多くはないしストーリーに引き込まれていたので腑に落ちないということはありませんでした。

 

初めからCGはショボいんだぞということを知っていれば充分に楽しめる作品となっております。

ちなみに以下が過去に観たCGがショボかった低予算の映画となっております。

 

映画【トランス・ワールド】の感想を簡潔に

Kou
Kou

最後まで全く結末が読めなかった逸材なストーリーが◎

90分ほどと比較的短いのでサクッと楽しめることのできる1本です!

 

映画【トランス・ワールド】を無料で視聴するには?

現在 トランス・ワールドはいくつかの動画配信サービスで視聴することができますが、オススメなのはAmazonプライムビデオ。実際に僕もプライムビデオで視聴しました。

 

しかし僕がこの記事を書いている間に配信が終了してしまったみたいなので、代わりに無料で見れるサイトが無いか調べてみました。

するとビデオマーケットで配信していることが分かりました。

こちらは初月の月額料金が0円ですので、その月以内に解約すれば無料でトランス・ワールドを楽しむことができます。

この機会に是非いかがでしょうか?

ビデオマーケットの登録はこちらから♪

 

本ページの情報は2019年8月7日時点のものです。配信が停止されている場合もあるので、最新の配信状況はビデオマーケットのサイトにてご確認ください。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 


トランス・ワールド [DVD]

コメント