【お!バカんす家族】あらすじと感想。大沢木家にも引けを取らないアメリカ版の蒲鉄

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お!バカんす家族コメディ

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

  •  日本公開
    • 2015年
  • 原題
    • Vacation
  • 時間
    • 99分
  • 監督
    • ジョナサン・ゴールドスタイン/ジョン・フランシス・デイリー
  • 主要キャスト
    • エド・ヘルムズ/クリスティナ・アップルゲイト/スカイラー・ギソンド/スティール・ステビンズ/クリス・ヘムズワース/レスリー・マン/チェビー・チェイス/ビヴァリー・ダンジェロ/ノーマン・リーダス

※以下ではネタバレを含みますので、まだご覧になっていない方はご注意ください!

予告動画

最近コメディ映画を観ていなかったので何か面白いものは無いかと探していたらプライムビデオのおすすめに出てきたのが本作品、下ネタありブラックジョークありと系統的にはアダム・サンドラーのコメディを彷彿とさせるものだったので個人的には好きな部類に入る映画でした。

実はこの作品、1983年に制作された『ホリデーロード4000キロ』という映画から始まった『バケーション』シリーズの第5弾なのですが前作を知らなくて問題なく楽しむことが出来ます、というのも僕自身前作を何一つ観たことが無いからです笑

無駄にポジティブなパパであるラスティを筆頭にパワフルなグリズワルド家の前途多難でドタバタな旅を描いたコメディ映画『お!バカんす家族』です。

 

スポンサーリンク

映画【お!バカんす家族】の簡単なあらすじ

グリズワルド家の大黒柱であるラスティは格安航空会社で働くパイロット、結婚し2人の子どもにも恵まれていたがその関係は良好とは決して言えなかった。

妻のデビーとは仲が悪い訳ではないが少し関係が冷えていて、気の弱い長男のジェームズは弟のケヴィンにいつもバカにされたりとどこか淀んだ空気が家庭内に流れていた。

そんな状況を一変させようとラスティはある計画を考える、それはいつもバカンスで訪れていたちんけな丸太小屋から行き先をアメリカ国内でも指折りのテーマパークであるワリーワールドに変更するというもの。

最初はあまり乗り気ではなかった家族もいつもとは違うバカンスの予感に少しずつテンションが上がっていく、しかし訪れる先々で様々なトラブルに見舞われる。

果たしてグリズワルド家はワリーワールドに辿り着くことが出来るのか、そしてマンネリ化した家族関係を解消することは出来るのか…

 

最初から最後まで絶え間なく降り注ぐ笑いの雨

コメディ映画だけではだけでないですが映画の中には最初の勢いが続かずに中だるみするものが少なくありません、しかし本作はオープニングからエンディングまで一貫して笑いを提供してくれます

その中でも特に好きだったシーンを2つほどご紹介。

必要以上に機能が搭載されたレンタカー

まず初めはグリズワルド家の旅の足となるアルバニア製のレンタカー、見た目からして笑いを取りに来る気が満々です。

お!バカんす家族 ハイブリッドカー

©2015 Vacation/お!バカんす家族より引用

給油口が何故か2つありミラーも前後にそれぞれ付いていて変わった仕様になっていますが極め付きは用途の分からない機能がてんこ盛りのリモコンキー

お!バカんす家族 リモコンキー

©2015 Vacation/お!バカんす家族より引用

絵柄でどのような用法なのかある程度理解出来るものもありますがそのほとんどが押してみなければどんな事が起こるのか分かりません、まさにパルプンテなリモコンキーなのです

後方からトラックにあおり運転をされ何とか追手を振り払おうとスピードを上げますがハイブリッドカーなので全く加速しません、そこで妻のデビーは速度が上がりそうなロケットの絵が描かれたボタンを押します。

しかし加速することは無く何故かラスティの座席が回転し子どもが乗る後部座席と向かい合う状態に、この時のテンパった表情がめちゃくちゃ笑えました笑

お!バカんす家族 回転

©2015 Vacation/お!バカんす家族より引用

この他にもどうしてその機能を搭載したの!?とツッコミを入れたくなるようなものがちょくちょく出てくるのでこれだけでも楽しむ事が出来ます。

 

フォー・コーナーズの警察官たち

そして2つ目は夜の営みにマンネリを感じていたデビーを再び燃え上がらせるために4つの州が交わる『フォー・コーナーズ』で愛を交わそうと提案し、ノリノリでその場所に向かうシーンです。

普段とは違うシチュエーションに燃え上がる2人でしたが、いざ行為に及ぼうとすると同じ考えを持っている人はラスティ達以外にも多くいて順番待ちが出来るほどの盛況っぷりだったり、それを取り締まる4州それぞれの警察官が手柄を自分のものにしようとラスティ達そっちのけでケンカをおっぱじめたりとバカバカしくて本作で一番好きなお笑いポイントかもしれません。

お!バカんす家族 警察

©2015 Vacation/お!バカんす家族より引用

それぞれの州の悪口をアメリカンジョークと皮肉たっぷりに言い合うのがユーモアたっぷりでセンスを感じました。

 

バカンスを通して成長するジェームズを親目線で見てしまう

グリズワルド家の長男であるジェームズは内気な性格で次男のケヴィンにからかわれる毎日を送っていたのですが長い旅路の中で少しずつ成長していきます。

最初はケヴィンに完全に見下されて兄の尊厳など微塵も感じないジェームズ…

お!バカんす家族 ジェームズ

©2015 Vacation/お!バカんす家族より引用

お!バカんす家族 ジェームズ

©2015 Vacation/お!バカんす家族より引用

しかしある1人の少女との出会いがジェームズが変わるきっかけとなります。その女性の名はアディーナ、彼女はグリズワルド家一行が高速道路を走行中にふと隣車線を走っていた車に乗っていました。

お!バカんす家族 アディーナ

©2015 Vacation/お!バカんす家族より引用

そして宿泊先のモーテルで偶然にも再会し良い雰囲気になる2人でしたが、ケヴィンに石を投げつけられまたしても邪魔されてしまいます。

小心者なジェームズはやり返さず相手にしない事が大人だと考えていましたがアディーナに発破をかけられると意を決して弟に立ち向かうのです。

最初は余裕たっぷりだったケヴィンでしたが今まで反抗された事が無かった為ジェームズの力を侮っていました、体格差でいとも簡単に制圧され最後には屈辱的なお仕置きも受ける羽目に。

その後の力関係は以下の画像を見れば一目瞭然、最初はなよなよしていたジェームズが少し頼もしく見えてくるのでその成長が自分も少し嬉しく感じてまるで父親のラスティと同じ目線に立っているかのような気分になりました。

お!バカんす家族 兄弟

©2015 Vacation/お!バカんす家族より引用

 

家族が題材の映画だが家族と一緒に観る映画ではない

本作のジャンルはファミリーロードムービーなので一見家族団らんの時に皆で観ると楽しそうと思う人もいるかもしれませんが、そんな軽い気持ちで観ると気まずい雰囲気が流れるかもしれません。なぜなら冒頭でもチラッとお話しましたが結構下ネタが出てくるからです。

お!バカんす家族 下ネタ

©2015 Vacation/お!バカんす家族より引用

局部を取り上げた笑いは人によっては不快に感じる人もいますし、小さな子どもにとっては教育上あまり良くない描写もあるので本作はPG-12となっていて視聴には注意が必要となります

 

映画【お!バカんす家族】の感想を簡潔に

Kou
Kou

ノリと勢いで押し通すコメディ映画、展開が何となく読めていても何故か笑えてしまいます。

好き嫌いが結構別れる作品だと思うので合わない人はとことん合わないでしょう笑

 

映画【お!バカんす家族】を無料で視聴するには?

現在 お!バカんす家はいくつかの動画配信サービスで視聴することができますが、オススメなのはAmazonプライムビデオ。実際に僕もプライムビデオで視聴しました。

プライム会員になれば映画以外にもアニメやドラマなといった動画が見放題になるばかりだけでなく、音楽や本なども無料で楽しむことができます。

またAmazonで買い物をする人であれば配送料が無料になるといったメリットもあります。

 

それだけなく30日の無料体験もしているのでまずは1か月試してみて、必要なければ1ヶ月以内に解約すれば追加料金がかかることはありません。

Amazonプライム会員登録・無料体験はこちら♪

 

本ページの情報は2020年6月30日時点のものです。配信が停止されている場合もあるので、最新の配信状況はAmazonプライムビデオサイトにてご確認ください。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

 
お! バカんす家族 [Blu-ray]

スポンサーリンク
コメディ
スポンサーリンク
Kouをフォローする
じゃきぶろ

コメント