ドラマ『トクサツガガガ』第4話は個人的神回…ネタバレまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トクサツガガガ オタクノキモチ ドラマ

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

2019年1月18日からNHK総合で放送が開始されている『トクサツガガガ』、2月8日は第4話のオタクノキモチが放送されました。

本記事ではそんなトクサツガガガ第4話の

  • あらすじ
  • 放送中に発せられた名言
  • 感想

の3つを中心にお話していきます!

なお前回までの記事についての記事はコチラから読むことが出来ます。

 

スポンサーリンク

ドラマ『トクサツガガガ』第4話:あらすじ

第3話では叶と北代さんとの間で確執が生じて終わりましたが、

  1. 2人は和解することができるのか
  2. 北代さんを追加戦士として迎え入れることができるのか

この2点が見どころとなります。(※ネタバレのため、気になる方だけご覧ください!)

クリックorタップで読めます
●半年ほど前まで大手企業で営業としてバリバリに働いていた北代さんにはある1人の友達がいた、それが通称みやびさん(吉田美佳子)。彼女もBee Boys好きで2人はいわゆるオタ友(オタク友達)であったある日北代さんは同僚に食事に誘われたがみやびさんと会う約束をしていたため一度は断るも、友達も一緒に来ていいと言われると断り切れず結局2人で食事会に参加する。

●みやびさんは学生、北代さんは社会人と年齢差があるので2人はどうゆう関係なのかと同僚に聞かれ、ドルオタであることを周りに知られたくない北代さんははぐらかそうとするがオープンオタであるみやびさんはあっさりとカミングアウトしてしまう。


●2人きりになったトイレでなぜばらしたのかとみやびさんに詰め寄るも、彼女は全く気にする様子が無くそんな様子を見た北代さんは思わず声を荒げてそこから関係がぎくしゃくしてしまう。会社でも自分がドルオタであることが知れ渡り居心地が段々と悪くなってきた北代さんは遂に会社を辞めてしまったのであった


●一方の叶も先のパスケース事件で北代さんとぎくしゃくしており、気分転換のために吉田さんを誘いカラオケでエマージェイソンのテーマを熱唱する。帰り道ふと叶が北代さんの地雷は何かと考え吉田さんはドルオタに触れられることではないかと答えるも、それ以外にもまだありそうでどうも腑に落ちない様子。

●翌日叶は帰りのエレベーターで北代さんと鉢合わせて二人きりで乗り合わせてしまう。最悪の展開に何とか自分の存在感を無くそうとした叶であったが不意にパスケースがBee Boysのグッズと知っていたのかと聞かれ不覚にも返事をしてしまう。ここで叶は以前返した時に言いそびれた思いの丈を必死に北代さんに伝え、2人のわだかまりは少しだけ解けた。


●叶とのエレベータ内での会話で喧嘩別れしたままのみやびさんのことを思い出す北代さん。みやびさんからの謝罪のメッセージや着信にも一切応じていなかったが返信内容を散々迷った挙句に意を決して返信をし、後日会うことが決まった。


●他部署のミスが発覚し残業することになった叶たち、何とか仕事を片付けるとロッカールームで叶は再び北代さんに話し掛けられる。どうやらみやびさんと会うことが決まったもののいきなり2人きりで会うことに若干の抵抗があるらしく、叶に相談を持ち掛けてきたのだ。そこで叶はカラオケに誘うことにする。前回吉田さんとカラオケに行った際に歌ったエマージェイソンのテーマは重複パートが多く2人では歌い切れない。一方の北代さんは2きりでは会いずらい、そこで皆でカラオケに行けば互いの悩みは解消されると踏んだのだ。解決策が思い浮かんだ叶の脳内で両者の利害が一致した時に合体できるロボツゴーアウジャンが誕生した瞬間であった。


●低音パートを歌ってもらうため任侠さんも勧誘するが知らない人が多くい上に男1人という状況、一度は断られるものの叶から賄賂代わりのラブキュートのチャーム(叶が第2話で手に入れたもの)をチラつかされると誘惑に負けて折れてしまう。

●そして迎えたカラオケ当日、遂に対面した北代さんとみやびさんであったがなにやら廊下で揉めている様子。少しでも場を盛り上げておこうと先に歌おうとした3人であったが、肝心のリモコンとマイクが見当たらない。すると突然Bee Boysの曲が流れ始め北代さんとみやびさんが歌いながら部屋に乱入してきたのだ。ライブパフォーマンスを高いクオリティでマネする2人であったがどうやらこのパフォーマンスを巡り言い争いをしていたらしい。


Bee Boysの力で寄りを戻した北代さんとみやびさん、今度は叶と吉田さんの番である。吉田さんが律儀に作成したそれぞれの担当パートをまとめた表を見ながら今まで実現できなかったエマージェイソンのテーマを歌う5人、初めての経験と感動に打ちひしがれる叶。そして最後は任侠さんをセンターに従えラブキュートを歌うのであった…

ドラマ『トクサツガガガ』第4話:名言

毎度恒例となりつつあるドラマの中で生まれた名言、4話でも沢山出てきました。

「クラスメートでもともだちかはわからないでしょ」byダミアン


仕事からの帰り道、公園でダミアンと遭遇した叶はブランコに乗り話をしていると男の子たちに声を掛けられる。友達なのかと聞いた叶に対してのダミアンの返答がこの言葉です。

確かに同じクラスにいても全員が友達ということではないですもんね、それと同じようにオタク同士だからといって必ずしも仲間ではないということをこの時叶はハッと気付かされたのかもしれません。

 

「推しだってみんな年取るんだしそんなの気にしてたら損ですって」byみやびさん

Bee Boysのイベントに来た際、自分の年齢を気にして中々来ることができなかったという北代さんに対してみやびさんが言ったのがこの言葉。

『実在する人物であれば同じ人間なので等しく年を取る』という客観的事実を踏まえて、気にしなくていいと励ますみやびさんの屈託のない言葉が妙に説得力を持っていてグッときました。

 

「用事のでっかいちっちゃいって誰かが決めることじゃないんだよな」byチャラ彦

皆で残業をしている中、彼氏とのデートがあり一足早く上がりたいマイさん。そんな彼女に対して残っている他の同僚の女性社員が不平不満をいう中、叶も早く帰りたいがためにマイさんの味方をする。その言葉に説得されたチャラ彦がポロっとこぼしたのがこの言葉です。

周りからしてみればたかがデートのために残業を抜け出してう帰ろうとしていると映るかもしれない、しかし反対にこのデートがマイさんにとってはかけがえのない時間かもしれない。各々には様々な事情があるため用事の大小を周囲が勝手に決めつけてはいけないと僕も納得しちゃいました。

 

「それにやめようって思ってドルオタやめられるんだったらとっくの昔にやめてるから…」by北代さん


カラオケでみやびさんと再会した北代さん、当時のことを謝るみやびさんに対して言った言葉がこちら。確かに自分の好きなことや物をやめようと思ってスパッとやめられたら誰も苦労しないですもんね、やめられないからオタクになってしまうというジレンマもありますが…笑

 

ドラマ『トクサツガガガ』第4話:感想

タイトルにもある通り今回は個人的には大当たりの神回でした、いや~面白かった…

とにかく第4話はボリュームが盛りだくさんでしたね、

  • 北代さんの過去
  • 北代さん、叶・みやびさんとそれぞれ和解
  • 終盤の大盛り上がりのカラオケ

etc…

久しぶりにドラマで声を出しながら笑いました、普段ほとんどドラマは見ないのですがリアタイで見ることができていることに感謝です笑

全7回ある放送の内、早いもので半分が終わってしまいました。ラストに向けて今後どのような展開になっていくのか増々目が離せません!次回第5話『ウミノジカン』も楽しみですね。

以上、ドラマ『トクサツガガガ』第4話のまとめについてでした!

 

見逃した『トクサツガガガ』を無料で視聴するには?

現在動画配信サービスU-NEXTにおいてドラマ『トクサツガガガ』を配信しております。

1話につき216円かかる有料配信となっておりますが31日間の無料トライアル特典として600円分のポイントが付与されるため、実質2話分を無料で視聴することができます

(※3話目は48円、それ以降は216円で見れます)

 

まずは1か月試してみて、必要ないと感じたら1ヶ月以内に解約すれば料金がかかることはありません。

見逃した方はU-NEXTで安全にトクサツガガガを楽しみましょう。

U-NEXTの会員登録、無料体験はこちらから♪

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
ドラマ
スポンサーリンク
Kouをフォローする
じゃきぶろ

コメント