ドラマ『トクサツガガガ』叶がシシレオーでまさかの感動回⁉ネタバレまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トクサツガガガ ウミノジカン ドラマ

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

2019年1月18日からNHK総合で放送が開始されている『トクサツガガガ』、2月15日は第5話の『ウミノジカン』が放送されました。


本記事ではそんなトクサツガガガ第5話の

  • あらすじ
  • 放送中に発せられた名言
  • 感想

の3つを中心にお話していきます!

なお前回までの記事についてはコチラから読むことが出来ます。

 

スポンサーリンク

ドラマ『トクサツガガガ』第5話:あらすじ

第4話では北代さんとみやびさんを追加戦士として迎え入れることができた叶でしたが、

  1. 叶たちが過ごす『ウミノジカン』とは?
  2. 予告に出てきたシシレオーが疾走している理由

この2点が見どころとなります。(※ネタバレのため、気になる方だけご覧ください!)

クリックorタップで読めます
任侠さんのお店『おかしのまつもと』で初めて見るジュウショウワンの映像に釘付けになっている叶、それは『テレビきっず』という児童向けの雑誌の全サ(応募者全員サービス)でのみ見ることができるものであった。衝撃を受けている叶に任侠さんは雑誌を買うように勧めるが、食玩よりも買うのが恥ずかしい上に過去に母親から女の子らしからぬこの雑誌を読むことを叱られた記憶がフラッシュバックし、購入を躊躇してしまう。


●翌日叶が出社すると写真を撮っているマイさんとユキちゃん、彼氏と同棲を始めたというマイさんが寿退社してしまう前に写真を撮っておくことにしたらしく叶も一緒に写ることに。撮影係を小野田くんに頼んだものの撮り方がイマイチだと言われチャラ彦に助けを求めると、チャラ彦は持ち前の明るいキャラと謎の撮影テクニックで小野田くんより何倍も映えた写真を撮影する。今度は男性陣を交え5人で撮ることにしたが撮影する人がおらず困ったところに丁度北代さんとが現れ、叶は撮影をお願いする。

●撮影後に叶を呼び寄せた北代さん、みやびさんが再び上京してきて仕事後に会う予定を立てているから叶もどうかと誘う。二つ返事で了承した叶は吉田さんも誘い飲み屋へと向かう。みやびさんと合流し箸を進めながら会話を楽しんでいた4人だが、ふとみやびさんが他の3人に休日は何をしているのか聞くと北代さんがその質問はオタクが会社で困るものだと教え、3人がその理由を力説する。


●休日の話題から出てきたという単語から、今度皆で海に行かないかと提案するみやびさん。アイドルが波打ち際で寝そべっている写真が使われているカレンダーをおもむろに取り出し自分もこういうものを撮ってみたいというみやびさんに対し、吉田さんも屋外でフィギュアの撮影をしてみたいと発言したことから4人で撮影会を兼ねて海に行くことに。


●撮影会当日、公園で待ち合わせしている叶と吉田さんの元に2人を見付けた塾に向かう途中のダミアンが駆け寄ってくる。初対面の吉田さんとダミアン、軽く自己紹介した後に互いがトライガー好きということを知りテンションが上がるダミアンだが、吉田さんの『私も(トライガーが)一番好きだよ』という一言にときめいてしまい一瞬で吉田さんに恋をしてしまう。


●合流した4人はバスに乗り海に向かうが、到着した途端雨に降られ近くの店に避難する。ひとまず食事を取っていると店主の孫が買ってもらったランドセルを背負いながら店内に入ってくる。ラベンダー色の可愛らしいランドセルに自分たちの頃は赤と黒の2色しか無かったという話になり、そこから叶の過去のへと話題が移る。叶は黒のランドセルが欲しかったが女の子らしさを強要する母はそれを許さずに赤色のランドセルを強要されたというエピソードを話し、他の3人は雰囲気が少し暗くなってしまう。

●雨が上がり食事を終えた4人は気を取り直し撮影会を再開する。北代さんの提案で単なるグラビア撮影会から『あったらいいなこんなグラビア撮影会』と改め、もしもの設定で写真を撮ることに。エネルギッシュな写真を撮りたいというみやびさんの要望に何かを閃いた吉田さんは叶にスコップを借りてくるように頼む。人が入れるほどの深い穴を掘り中に入り込んだ吉田さんは『見上げの効果』を使い躍動感あふれる写真を撮ることに成功する。


●続いてはみやびさんの番、吉田さんの知識とカメラテクニックで見事ダイナミックな写真の撮影に成功し満足いく写真を撮れた4人は今日の思い出を振り返りながらそれぞれの帰路についていく。

●翌日海に行ったと胸を張りながらマイさんとユキちゃんに報告してお土産をあげる叶であったが、海で撮った写真を見せて欲しいと頼まれると無難な写真が1枚も無くシシレオーの写真しか無いことに気付き墓穴を掘ってしまう。すると北代さんから1通のメッセージが、アリバイ写真を送ってくれたのかと期待した叶であったが届いたのは叶が撮ってもらったセクシーショットでダブルパンチを受けてしまう。

●昼休みシシレオーのおもちゃ目当てに再びファーストフード店でどんどんセットを頼む叶、するとその様子を見ていた小さな女の子が羨まし気に見つめ母親に頼み同じものを注文してもらう。しかし母親はラブキュートのおもちゃが欲しいものだと思い込んでいたため、そちらを渡してしまう。女の子はシシレオーが良いと訴えるが語彙力の少ない子どものため結局は折れてしまう。


●その様子を見た叶は女の子と昔母親からランドセルを半ば強引に赤色に決められてしまった過去の自分とを重ね合わせいたたまれない気持ちになる。そこで叶は女の子の母親がトレーを片付けに行ったのを見計らい自分が手に入れたシシレオーのおもちゃを差し出すことにする。


●その一方で叶の母親は娘に何やらプレゼントを買い、以前貰った部屋の合鍵を手にしながら不敵な笑みを浮かべていた…

ドラマ『トクサツガガガ』第5話:名言

これまでの回に比べて数は若干少なくなりました、それでも僕の心をグッと捉えて離さない名言は今回も生まれました。

「確かに学生に比べたら遊ぶ時間は減るよ、でもゼロじゃない」by北代さん

見上げの効果を狙って写真を撮影するため穴を掘っていたみやびさんと北代さん、中々思うようにいかず謝るみやびさんに対して放ったのがこの言葉です。

学生の時に比べて社会人は自由に使える時間が格段に減ります、仕事で疲れ休日も寝て過ごして終わるという方も少なくないでしょう。それでも自分次第で時間を捻出することは不可能ではないはずです。

また悪いことばかりではなく社会人になれば学生の時以上に自由に使えるお金も増えるのでこの言葉は社会に出ることに不安を覚える学生さんにはきっと希望となる言葉でしょう。

 

「好きなものは好きでいいんだ。いずれ君と出会う君の味方だ」byシシレオー


ファーストフード店で欲しかったシシレオーのおもちゃを貰えなかった女の子に叶が自分のおもちゃをあげた際、過去の自分と重なり小さな頃の叶にシシレオーが黒いランドセルを差し出す時の言葉です。

1人だけ違うと変』『みんながそっちだからなどという理由で段々と自分の好きなものを抑圧されると本当に好きなものを好きと言えなくなってしまいます。「そんな時自分を肯定してくれるそんなヒーローがいてくれたら私どんなに心強かっただろう」という叶の言葉にもとても共感出来ました。

ドラマ『トクサツガガガ』第5話:感想

前回の4話は神回でしたが、今回の5話は感動回でした。

特に名言のところで紹介した叶がシシレオーのおもちゃを女の子にあげるシーン、叶自身も少し涙ぐんでいましたが自分もウルッとしてしまいました…

昔の自分と女の子を重ねて優しく手を差し伸べることで彼女にとってのヒーローになっただけでなく過去の自分も救ったかのような描写、本当に素晴らしくて制作陣に拍手を送りたいです。

また感動と同時に笑いも提供してくれるのがトクサツガガガ、今回はダミアン少年の『トゥクン…』にやられました笑

そして個人的に序盤の小野田くんが写真を撮るシーンで自分のスマホを使ったの、あれ自分のフォルダに叶を入れて夜自分の部屋で見返すんだろうな~って少し妄想して楽しかったです笑

 

残すところトクサツガガガもあと2話、

  • 叶とお母ちゃんとの攻防
  • 叶と小野田くんの恋の行方

この辺りがどういう方向に向かっていくのかが非常に気になりますね!

次回第6話『ハハノキモチ』も目が離せません。以上、ドラマ『トクサツガガガ』第5話のまとめについてでした!

 

見逃した『トクサツガガガ』を無料で視聴するには?

現在動画配信サービスU-NEXTにおいてドラマ『トクサツガガガ』を配信しております。

1話につき216円かかる有料配信となっておりますが31日間の無料トライアル特典として600円分のポイントが付与されるため、実質2話分を無料で視聴することができます

(※3話目は48円、それ以降は216円で見れます)

 

まずは1か月試してみて、必要ないと感じたら1ヶ月以内に解約すれば料金がかかることはありません。

見逃した方はU-NEXTで安全にトクサツガガガを楽しみましょう。

U-NEXTの会員登録、無料体験はこちらから♪

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
ドラマ
スポンサーリンク
Kouをフォローする
じゃきぶろ

コメント